Caloo人間ドック

PET/CT検査は全身の早期がんの発見に有効

PET/CT検査を利用して全身の早期がんの発見を目指す

今月アクセス数 10

四谷メディカルキューブ 画像診断センター長 柯 偉傑 先生 -Vol. 01-

柯 偉傑

柯 偉傑先生

画像診断センター センター長

放射線科部長

日本医学放射線学会専門医、日本核医学会PET核医学認定医

医学博士

慶應義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部大学院卒業

慶応義塾大学医学部客員講師

日本医学放射線学会、日本核医学会、北米放射線学会(RSNA)

ヨーロッパ放射線学会(ESR)

PET/CT検査が有効な病気について教えて頂けますか?

がん細胞が異常な糖代謝を行うという特性を利用したPET/CT検査は、全身の早期がんの発見に有効です。

小さながん細胞でも異常な糖代謝を行うためX線などでは見つけにくい小さい早期がんであっても発見が容易になります。

また、PET/CT検査では体内に注射した特殊なお薬を通して検査します。このため一度の検査で全身のがんを調べることもできます。

ただし、がんの種類や形態によってはどうしても不得意な分野も出てきます。具体的には、早期の胃がん、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんなどです。

そのため、PET/CT検査だけでなく血液検査や腫瘍マーカーなども参考にしながら診断していくことが大切です。

PET/CT検査では、がん以外の病気も見つかることがあるとお伺いしました。

がん以外でも炎症性の高い病気の有無がわかります。具体的には肺、甲状腺、腸、血管などの炎症性疾患です。これはPET検査で注射しますFDGというブドウ糖に似た薬剤が、がんだけでなく体内の炎症にも反応するからです。

【次ページ】PET検査に使用するお薬を自前で作製している点が強みに
この病院の人間ドックを予約する