Caloo人間ドック

保険診療で培ったノウハウを人間ドックに生かす

PET/CT検査を利用して全身の早期がんの発見を目指す

今月アクセス数 8

四谷メディカルキューブ 画像診断センター長 柯 偉傑 先生 -Vol. 03-

柯 偉傑

柯先生はPET/CT検査の1次読影も担当されていると伺いました。1次読影で重要なポイントについて教えて頂けますか?

1次読影では気になる所見をなるべく多く抽出して指摘することが重要だと考えています。2次読影で消化器、呼吸器などそれぞれの専門分野の医師がより深く調べますので、1次読影でしっかりとしたスクリーニングできるように心がけています。

また、人間ドックの受診者の方は基本的に自覚症状の無い方ですので、全体をくまなくしっかりとみることが大切です。特に初めて当院の人間ドックを受けられる方についてはより時間をかけて慎重に調べています。

2回目以降では前回の画像と比較しながら効率よく調べられますが、初回の方は事前の情報がほとんどございませんので慎重に調べる必要があるからです。

PET/CT検査の読影を行う上で重要になることはございますか?

PET/CT検査の読影では経験が重要になります。当院では保険診療でもPET/CT検査を行っています。そのため保険診療で病気の画像をたくさん見ることができそれが貴重な経験となっています。

この保険診療で培った経験やノウハウが人間ドックでの画像診断にも生かされ、がんなどの早期発見に繋がっていると思います。

【次ページ】PET/CT検査で早期がんを発見できれば治療も容易に
この病院の人間ドックを予約する