Caloo人間ドック

早期がんの段階で発見できれば治療の選択肢が広がる

苦痛の少ない内視鏡検査を目指して

今月アクセス数 21

四谷メディカルキューブ 田中 達朗 先生 -Vol. 03-

一日の内視鏡検査の件数を教えて頂けますか?

当院は、2名の医師で午前中に20件程度の検査を行っています。これは受診者の方おひとりおひとりに対して、丁寧に問診の時間をお取りした上で、ゆったりとした気持ちで内視鏡検査を受けていただくためです。

施設によってはもっと多くの検査を行うところもあると思いますが、受診者の方が安心して内視鏡検査を受けて頂くことを第一に考えておりますので、このようになっています。

毎年内視鏡検査をされている方は、がんが発見されても早期のがんであることが多いのでしょうか?

毎年内視鏡検査されている方でしたら見つかったとしてもほとんどが早期がんだと思います。

早期がんで発見するメリットについて教えて頂けますか?

早期がんでしたら内視鏡や腹腔鏡を用いた手術を選択できる可能性が高くなります。 いずれも、従来の開腹手術より低侵襲な手術法です。

現在ではがんに対して様々な治療法があります。がんを早期に発見できれば、治療の選択肢が広がります。からだに負担の少ない治療を選択するためにも早期でのがんの発見が大切です。

【次ページ】経験豊富な医師による優しく丁寧な内視鏡検査
この病院の人間ドックを予約する