Caloo人間ドック

慶應義塾大学病院との連携が予防医療センターの強みに

慶應病院との連携で充実する人間ドック後のフォロー体制

今月アクセス数 34

慶應義塾大学病院 副センター長 岩男 泰 先生 -Vol. 04-

受診者の方のニーズはどのようなところにあると思われますか?

当センターの人間ドックを選ばれた方は、慶應病院との連携を評価している方が多いと思います。人間ドックで異常が見つかったとしても慶應病院をご紹介することで専門性の高い治療にスムーズに移行できるからです。

実際、受診者される方の多くは慶應病院での治療を希望されています。また、それを提供できるものも当院の強みです。私の知っているだけでも当院で人間ドックを受けられて異常が見つかり、その日のうちに慶應病院へ入院された方が3名もいらっしゃいます。

ある男性の方は人間ドックの心電図検査の時点で既に非常に危険な状態が予知できました。検査担当者からの連絡を受け一刻を争う事態と判断し、すぐに私自身が本院の教授に直接電話をして入院できるようにお願いしました。

また、それほど重い病気ではないため慶應病院での治療を必要としない場合でも、慶應義塾大学医学部の卒業生のネットワークがございますので受診者の方のお近くの病院・クリニックをご紹介することが可能です。

そういった慶應義塾大学のネットワークを生かしたご紹介ができることは、私たちにとりましてもご紹介先にどのような医師がいるかわかっておりますので、安心して受診者の方を送り出すことができます。

【次ページ】受診者の方に喜んで頂くために手間と暇をかける
この病院の人間ドックを予約する