Caloo人間ドック

受診者の方の声に耳を傾けその方にあった検査のご説明

受診者の方からの信頼を得ること。それが精確な検査への第一歩

今月アクセス数 7

慶應義塾大学病院 平石 佳子 技師・有本 ゆり 技師 -Vol. 01-

平石 佳子 技師・有本 ゆり 技師

平石 佳子

臨床検査技師

肺機能検査、心電図検査など生理機能検査全般を担当

有本 ゆり

診療放射線技師

主に超音波検査、マンモグラフィー検査を担当

どのような検査を担当されているか教えて頂けますか?

平石:臨床検査技師は採血、肺機能検査、心電図検査、眼科の検査、聴力検査、脈波検査、心エコー(心臓超音波)検査を担当しています。

有本:診療放射線技師はCT、MRI、心臓を除く超音波の検査全般、マンモグラフィー、骨密度、胃X線バリウム検査を担当しています。

慶應義塾大学病院(以下、慶應病院)の人間ドックの特徴はどのようなところでしょうか?

平石:受診者が気になっていることをしっかりと聞いて、受診者お一人おひとりに最適な人間ドックのプランづくりができている点だと思います。

有本:検査を担当する技師も検査前や検査中の受診者の訴えに直接耳を傾け、会話することを大切にしています。精度の高い検査を行うためには受診者のご協力が不可欠でして、そのためには受診者との信頼関係を構築する必要があるからです。

受診者をお客様と考えつつ、検査のプロとして会話をさせて頂いています。まずどんな方なのか、お話をしたい方なのか、静かにされたい方なのかを見極めながら、その方にあった説明ができるよう心がけています。検査を行う理由を納得して頂き、検査へのご協力をお願いしています。

【次ページ】人間ドックではヘリカルCTと3テスラのMRIを使用
この病院の人間ドックを予約する