Caloo人間ドック

眼底検査で全身の血管の状態を確認。正常圧緑内障が見つかることも

受診者の方からの信頼を得ること。それが精確な検査への第一歩

今月アクセス数 10

慶應義塾大学病院 平石 佳子 技師・有本 ゆり 技師 -Vol. 04-

眼底検査では、どのような病気がわかるのでしょうか?

平石:加齢黄斑変性、緑内障、網膜はく離、眼底出血、糖尿病性や高血圧性の血管の障害がわかります。年に1度は検査されることをおすすめします。

眼底検査の特色について教えて頂けますか?

平石:眼底検査は眼底の血管をみることができる唯一の検査です。眼底の写真に撮ることで血管の形がわかります。

眼底ですので眼をみているだけと思われる方もいらっしゃるのですが、眼だけではなく眼底の血管の状態は全身の血管の状態も反映します。そのため高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳腫瘍などによる血管の変化もみることで眼以外の病気も推察できます。

眼圧の検査は受けたことがありますが、眼底の検査も大事な検査なのですね。

眼圧検査だけだと見つけられない正常圧緑内障という病気もあります。実は、眼圧が正常の範囲内でも視神経障害が起こる正常圧緑内障の方も多いです。眼底検査することによって正常圧緑内障を早期にみつけられることもあります。

【次ページ】脈波検査では血管年齢を出すことも可能。動脈硬化が心配な方に最適
この病院の人間ドックを予約する