Caloo人間ドック

脈波検査では血管年齢を出すことも可能。動脈硬化が心配な方に最適

受診者の方からの信頼を得ること。それが精確な検査への第一歩

今月アクセス数 7

慶應義塾大学病院 平石 佳子 技師・有本 ゆり 技師 -Vol. 05-

脈波検査とはどのような検査でしょうか?

平石:脈波検査は左右の腕とふくらはぎの4か所で血圧を同時に計り、血圧の差を見ることによって動脈の閉塞の程度を調べたり、心臓からの拍動の波がどのくらいの速さで四肢に伝わるかで動脈の硬さを調べる検査です。

脈波検査は普段の健診ではなかなか受ける機会がないと思います。そのため「脈波の検査とは何ですか?」と聞かれることも多いです。

動脈硬化を気にされている方は多いと思いますが、脈波検査は血管の硬さを数字でみることができます。頸動脈エコー(超音波)検査などと見合わせて受けて頂くと、血管の状態がより詳しくわかります。

身体を傷つけることなく血管の大切な情報が得られる検査ですので、この検査を受けたことがない方は一度受けられることをお勧めします。

有本:腹部や頸動脈のエコー(超音波)検査で、動脈硬化が進行している所見がある方には「脈波検査を受けてみてはいかがですか?」とお勧めをすることもあります。

平石:脈波検査の結果は血管年齢として出すこともできます。血管年齢に表わすと自分の年齢を基準に判断ができるので、受診者の方にもわかりやすいと思います。

【次ページ】骨粗しょう症が心配な方はぜひ骨密度検査の受診を
この病院の人間ドックを予約する